ニチリン化学工業株式会社

ご挨拶

代表取締役社長 久保博一

当社は、1937年に食品、繊維の仕上糊、マッチの頭薬、鋳型の結合用加工澱粉メーカーとして創業しました。

その後、1956年に水媒法によるCMC(カルボキシメチルセルロース)の製造を開始し、以来、独自の開発を重ねながら、この製法の特色を生かした特殊なCMCの製造に事業の軸足を移していきました。

現在は、特殊CMCの専業メーカーとして、医薬品添加剤、食品添加物、製紙、電池・電子材料、セラミックスなど、多岐にわたる産業界に貢献しております。

なかでも医薬用崩壊剤の分野では、安定した品質と機能で国内外に高く評価されています。

これからも特殊CMCの可能性を追求し、社会に必要とされる企業であり続けることを目指してまいります。

今後ともニチリン化学工業に皆様のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長  久保 博一